コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東儀兼頼 とうぎ かねより

1件 の用語解説(東儀兼頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東儀兼頼 とうぎ-かねより

1632-1712 江戸時代前期-中期の雅楽家。
寛永9年3月4/5日生まれ。天王寺方。辻高秀(つじ-たかひで)とならんで,笛の名手といわれた。安倍姓東儀から分家した父兼延の跡をつぐ。従四位下,越前守(えちぜんのかみ)。正徳(しょうとく)2年4月1日死去。81歳。初名は兼益。著作に「竜笛吹艶之事(りゅうてきすいえんのこと)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東儀兼頼の関連キーワード小田原藩江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢作事奉行厚生新編広島藩吉田藩(三河国)グスタフ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone