コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東儀兼頼 とうぎ かねより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東儀兼頼 とうぎ-かねより

1632-1712 江戸時代前期-中期の雅楽家。
寛永9年3月4/5日生まれ。天王寺方。辻高秀(つじ-たかひで)とならんで,笛の名手といわれた。安倍姓東儀から分家した父兼延の跡をつぐ。従四位下,越前守(えちぜんのかみ)。正徳(しょうとく)2年4月1日死去。81歳。初名は兼益。著作に「竜笛吹艶之事(りゅうてきすいえんのこと)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

東儀兼頼 (とうぎかねより)

生年月日:1632年3月4日
江戸時代前期;中期の楽人
1712年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

東儀兼頼の関連キーワード山井景元生年月日岡昌倫中期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android