コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王寺方 てんのうじかた

世界大百科事典 第2版の解説

てんのうじかた【天王寺方】

雅楽用語。雅楽演奏専門家(楽人,伶人,楽師などと称す)の出身系統を示す名称。大阪四天王寺所属の楽人を指す。雅楽宮廷を中心とする伝承と,諸大寺社に擁された独自の系統があり,宮廷には平安中期ころに楽所(がくそ)が組織され,楽人は世襲された。一方,四天王寺や奈良興福寺などの寺社で宗教行事に出仕する演奏者集団も世襲的に形成された。四天王寺の楽人天王寺方は聖徳太子の臣,秦河勝(はたのかわかつ)を遠祖とするとして太秦(うずまさ)または秦姓を名乗り,薗(その),林(はやし),東儀(とうぎ),岡(おか)および安倍姓東儀の5家がある(古くはすべて太秦または秦などの姓を名乗った)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天王寺方の関連キーワード東儀 和太郎東儀兼頼東儀兼秋三方楽所安倍季誕林 広守真田幸村安倍季政三方楽人京都方只拍子岡昌忠林広守南都方林広康多近方岡昌名岡昌倫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android