東園基量(読み)ひがしぞの もとかず

美術人名辞典の解説

東園基量

公卿。基賢の男。一字名園・基。正二位権大納言。藤原姓。有職四天王と称せられし中の一人。宝永7年(1710)歿、58才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東園基量 ひがしぞの-もとかず

1653-1710 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
承応(じょうおう)2年2月16日生まれ。東園基賢(もとかた)の子。延宝7年参議となり,権(ごんの)大納言,正二位にすすむ。有職(ゆうそく)故実にくわしく,詩歌にもすぐれた。宝永7年1月26日死去。58歳。日記に「基量卿記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android