コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東域伝灯目録 とういきでんとうもくろく

世界大百科事典 第2版の解説

とういきでんとうもくろく【東域伝灯目録】

平安時代の仏教図書目録。編者は興福寺の永超(1014‐95)。1094年(嘉保1)成立。中国,朝鮮,日本の学僧の著述にかかる多くの論著,伝記などを集大成したもので,11世紀伝存の仏教学関係の著作を掲示する点,貴重な仏書目録ということができる。内容は弘経(ぐきよう)録,伝律録,講論録,雑述録,伝記録の5部門に分類しているが,雑述録と伝記録には明確な判別が行われておらず,雑述録に《東寺諸大師伝》《慈恩三蔵行状》などが含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報