コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洲至遼 とうしゅう しりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洲至遼 とうしゅう-しりょう

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)大慈寺の鉄山士安,能登(のと)(石川県)永光寺瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん),越前(えちぜん)(福井県)永平寺の義雲らにまなぶ。建武(けんむ)2年(1335)士安の法をつぎ,のち大慈寺住職となる。晩年はみずからひらいた肥後の護真寺にうつった。筑後(ちくご)(福岡県)出身。諡号(しごう)は仏鑑禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

東洲至遼の関連キーワード南北朝時代曹洞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android