コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洲至遼 とうしゅう しりょう

1件 の用語解説(東洲至遼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洲至遼 とうしゅう-しりょう

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)大慈寺鉄山士安,能登(のと)(石川県)永光寺の瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん),越前(えちぜん)(福井県)永平寺の義雲らにまなぶ。建武(けんむ)2年(1335)士安の法をつぎ,のち大慈寺住職となる。晩年はみずからひらいた肥後の護真寺にうつった。筑後(ちくご)(福岡県)出身。諡号(しごう)は仏鑑禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

東洲至遼の関連キーワード世尊寺伊俊向阿雲山智越覚尊愚谷常賢月庵〓(“こざとへん”に「光」)瑛曙蔵主末兼道玄(2)良暁(2)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone