コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東男 アズマオトコ

デジタル大辞泉の解説

あずま‐おとこ〔あづまをとこ〕【東男】

関東生まれの男。特に、美しくしとやかな京女に対して、気立てに張りがあり、さっぱりしている江戸の男をいう。
東国の男子。
「鶏(とり)が鳴く―の妻別れ悲しくありけむ年の緒長み」〈・四三三三〉
田舎くさく言語動作が粗野な関東武士などをいう。
「荒ましき―の」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あずまおとこ【東男】

江戸生まれの男。気っぷのよさや男らしさをほめていう語。
東国の男。風流を解さない田舎者、荒々しい無骨者などの気持ちで使うことが多い。あずまおのこ。 「荒ましき-の腰に物負へる/源氏 宿木

あずまおのこ【東男】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

東男の関連キーワード東・吾妻・吾嬬出で向かふ勝 新太郎岡鬼太郎江戸っ子気立て忠実男年の緒祇園会京女猛し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東男の関連情報