東畑四郎(読み)とうはた しろう

  • 東畑四郎 とうはた-しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1907-1980 昭和時代の官僚。
明治40年11月6日生まれ。東畑精一東畑謙三の弟。農林省にはいり,農政課長のときに農地改革案作成にたずさわる。昭和27年食糧庁長官,28年農林事務次官。農政理論のリーダー的存在で,44年「日本農業進歩への道―農業の装置化とシステム化」をまとめた。昭和55年10月21日死去。72歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android