コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東畑精一 とうはたせいいち

7件 の用語解説(東畑精一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東畑精一
とうはたせいいち

[生]1899.2.2. 三重,嬉野
[没]1983.5.6. 東京
経済学者。 1922年東京大学農学部卒業,大学院を経て 24年同大学農学部助教授となり,33年教授,59年定年退官。この間アメリカドイツ (1926~29) に留学し,ボン大学で J.A.シュンペーターに師事し,そこで中山伊知郎と出会い,その後中山とともに師シュンペーターの著作の多くを翻訳した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうはた‐せいいち【東畑精一】

[1899~1983]農業経済学者。三重の生まれ。東大教授。日本の資本主義や農業問題を研究。第二次大戦後は農業総合研究所所長・アジア経済研究所所長などを歴任。文化勲章受章。著「日本農業の展開過程」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東畑精一【とうばたせいいち】

農業経済学者,農政家。三重県出身。農林官僚の東畑四郎は弟。1922年東京帝国大学農学部卒,1933年同大教授。ボン大学で経済学者シュンペーターに学び,日本の農業経済学に経済学的基礎を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東畑精一 とうばた-せいいち

1899-1983 大正-昭和時代の経済学者。
明治32年2月2日生まれ。東畑謙三・東畑四郎の兄。ボン大でシュンペーターにまなぶ。昭和8年母校東京帝大の教授。シュンペーターの理論をもとに日本の農業問題の解明につとめ,戦後は農林省農業総合研究所長,アジア経済研究所長を歴任し,税制調査会会長などをつとめた。昭和55年文化勲章。昭和58年5月6日死去。84歳。三重県出身。著作に「日本農業の展開過程」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とうばたせいいち【東畑精一】

1899‐1983(明治32‐昭和58)
大正・昭和期の農政学者。三重県一志郡豊地村(現,嬉野町)で生まれる。東畑四郎は実弟。三重県立第一中学校第八高等学校を経て,1922年(大正11)に東京帝国大学農学部を卒業。24年に東京帝国大学助教授,26年からアメリカ,ドイツに留学,シュンペーターに師事,帰国後33年(昭和8)に東京帝国大学教授,37年農学博士,59年東京大学教授を定年退官。この間,農林省農業総合研究所長,農業復興会議議長,米価審議会会長,農林水産技術会議会長等要職を併任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうはたせいいち【東畑精一】

1899~1983) 農業経済学者。三重県生まれ。東大教授。戦後の農政に貢献。著「日本農業の展開過程」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東畑精一
とうはたせいいち
(1899―1983)

農業経済学者。三重県に生まれる。東京帝国大学農学部で農業経済学を学び、1922年(大正11)卒業後、大学院を経て、24年同学部助教授、33年(昭和8)教授。この間26~29年にアメリカ、ドイツに留学し、ボン大学でJ・A・シュンペーターに師事した。シュンペーターの革新論や企業者論を中軸に日本の資本主義や農業問題に独自の解明を行った『日本農業の展開過程』(1936)などで第二次世界大戦の終結まではおもに学究面で活躍したが、戦後は農業総合研究所所長(1946~56)、アジア経済研究所所長(1960~68)、税制調査会会長(1965~74)など多くの調査研究機関、政策関係委員会の要職を歴任し、戦後の日本社会に多方面で大きな影響を与えた。64年(昭和39)学士院会員、80年文化勲章受章。[早坂 忠]
『東畑精一著『昭和前期農政経済名著集3 日本農業の展開過程』(1978・農山漁村文化協会) ▽東畑精一著『私の履歴書』(1979・日本経済新聞社) ▽東畑精一著『東畑精一 わが師わが友わが学問』(1984・柏書房) ▽故東畑精一先生合同葬実行委員会編・刊『東畑精一先生の足跡』(1984)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東畑精一の関連キーワード農政学一志〈町〉三重県伊勢市一志町三重県津市一志町井生三重県津市一志町井関三重県津市一志町小山三重県津市一志町高野三重県津市一志町田尻三重県津市一志町波瀬三重県津市一志町八太

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone