コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東胤行 とう たねゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東胤行 とう-たねゆき

?-? 鎌倉時代の武将,歌人。
東重胤(しげたね)の子。源実朝につかえる。承久(じょうきゅう)の乱での功で,下総(しもうさ)東荘(とうのしょう)(千葉県)の領主から美濃(みの)(岐阜県)郡上(ぐじょう)郡山田荘の地頭となる。藤原為家(ためいえ)に和歌をまなび,その娘婿となり,二条流の歌人として知られた。文永10年(1273)80歳で死去とも,弘長3年(1263)ごろ91歳で死去ともいう。法名は素暹(そせん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の東胤行の言及

【東氏】より

…下総出身の中・近世武家。平姓千葉氏族。千葉常胤の六男六郎大夫胤頼(たねより)を祖とする。東胤頼は上西門院(鳥羽天皇の皇女統子)に仕え,下総国香取郡東荘を領して東氏を称した。神護寺僧文覚(もんがく)と師弟の契を結び,また源頼朝の挙兵(1180)に際し長兄胤正の子成胤とともに下総国の目代を討った。1185年(文治1)頼朝から父常胤に与えられた三崎荘を父から譲与された。胤頼の子重胤は3代将軍源実朝に仕え〈無双の近仕〉と称された歌人で,その子胤行(素暹)は藤原為家(藤原定家の子)の娘婿となり,二条流の歌人として名高い。…

※「東胤行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東胤行の関連キーワード鎌倉時代東行氏東重胤東氏村東常和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東胤行の関連情報