東西を弁えず(読み)とうざいをわきまえず

  • =知(し)らず・分(わ)かず・存(ぞん)ぜず
  • とうざい
  • を=弁(わきま)えず
  • 東西

精選版 日本国語大辞典の解説

どちらが東でどちらが西かもわからない。まったく物事をわきまえる能力がない。分別がない。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「内裏より只今まかで侍りて、みだり心ち、とうざいしらず侍て」
※太平記(14C後)一〇「何(いか)にたけく勇める人々も、足手もなゆる心地して東西をもさらに弁(ワキマ)へず」 〔白居易‐重傷小女子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android