コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋弥十郎(4代) きねや やじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋弥十郎(4代) きねや-やじゅうろう

1816-1873 幕末-明治時代の長唄三味線方。
文化13年生まれ。2代岡安喜三郎の子。長唄鼓方(つづみかた)今藤(こんどう)長才(2代田中佐十郎)の養子。養家の縁で弘化(こうか)4年4代杵屋弥十郎を襲名し,嘉永(かえい)2年立三味線にすすむ。のち離縁となり,杵屋新右衛門(2代),さらに杵屋子交と改名した。明治6年1月1日死去。58歳。初名は岡安喜美三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杵屋弥十郎(4代)の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android