コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山太助 はたけやま たすけ

3件 の用語解説(畠山太助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山太助 はたけやま-たすけ

1816-1873 幕末-明治時代の一揆(いっき)指導者。
文化13年生まれ。陸奥(むつ)閉伊(へい)郡(岩手県)田野畑村の農民。嘉永(かえい)6年(1853)盛岡藩領の三閉伊(さんへい)地方でおこった一万数千人による百姓一揆を指導。一揆は仙台藩の斡旋(あっせん)で成功し,盛岡藩の藩政を改善させた。明治6年地租改正反対運動の首謀者として取り調べをうけ,同年5月28日自殺。58歳。名は多助とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山太助

没年:明治6.5.28(1873)
生年:文化13(1816)
嘉永6(1853)年陸奥国盛岡藩(岩手県)百姓一揆の発頭人筆頭。野田通田野畑村肝入の分家に生まれ,畑仕事,山仕事,炭焼き,塩焚きなどの暮らしを送った。38歳のとき一揆の発頭人となり,「小○」(困る)の旗を考案,仙台領に逃散して願書を提出,南部藩の要求承認,処罰者なしの約束をとるまで代表45人で居残った。仲間が動揺すると「衆民の為に死ぬるは元より覚悟の事」と励ました。明治6(1873)年,地租改正に抵抗する運動の指導者と疑われ,拷問を受け,取り調べに使われた宿屋で自殺した。宿の主が「佐倉惣五郎のようだ」と讃えて自家の墓域に葬った。<参考文献>深谷克己『南部百姓命助の生涯』

(深谷克己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畠山太助
はたけやまたすけ
(1816?―1873)

1853年(嘉永6)盛岡藩領三閉伊(さんへい)地方で起こった一揆(いっき)の指導者の一人。陸奥(むつ)国(岩手県)野田通田野畑(たのはた)村の人。藩の苛政(かせい)49か条と領主交替または仙台領か幕府領への変更要求を掲げて一万数千人が蜂起(ほうき)、約8000人が仙台領唐丹(とうに)へ逃散(ちょうさん)した一揆で、交渉のため残留した45人の代表に加わり、指導的役割を果たして藩政改善をかちとった。のち地租改正反対運動の首謀者として拷問され盛岡で縊死(いし)[難波信雄]
『森嘉兵衛著『南部藩百姓一揆の研究』(1974・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山太助の関連キーワード陸奥国盛岡大学盛岡城奥田松五郎清岡等佐々木俊作佐藤昌蔵大応玄徹谷河尚忠森嘉兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畠山太助の関連情報