コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井中務 まつい なかつかさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井中務 まつい-なかつかさ

1809-1863 江戸時代後期の尊攘(そんじょう)運動家。
文化6年生まれ。京都西本願寺用人松井群忠の子。外国船の出没を憂慮し,僧も兵学武技をおさめること,蝦夷(えぞ)地(北海道)に別院屯田兵をおくことなどを門跡(もんぜき)に建議した。文久3年8月12日開港派とうたがわれ暗殺された。55歳。名は寧。

松井中務 まつい-ちゅうむ

まつい-なかつかさ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松井中務の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android