コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井大輔 まつい だいすけ

2件 の用語解説(松井大輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井大輔 まつい-だいすけ

1981- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和56年5月11日生まれ。ポジションはMF。平成12年京都パープルサンガに入団,同年Jリーグ優秀新人賞。15年FIFAコンフェデレーションズカップのコロンビア戦で国際Aマッチ初出場。16年フランスル・マンUCに移籍し,同チームの1部昇格に貢献。のちASサンテティエンヌ,グルノーブルフット38に移籍。ドリブルとパステクニックに優れる。22年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表にえらばれ,右サイドハーフとして全4試合にスタメン出場し,決勝トーナメント進出に貢献した。同年ロシアのトム・トムスクに3ヵ月間の期限付き移籍。23年グルノーブルフット38にもどったが,チームの4部降格でディジョンFCOに移籍。25年ジュビロ磐田に移籍。京都府出身。鹿児島実業高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松井大輔
まついだいすけ
(1981― )

プロサッカー選手。ミッドフィルダー(MF)。5月11日、京都府生まれ。鹿児島実業高―京都パープルサンガ(現、京都サンガFC)―ルマン(フランス)―サンテティエンヌ(フランス)―グルノーブル(フランス)―トム・トムスク(ロシア)―グルノーブル―ディジョン(フランス)―スラビア・ソフィア(ブルガリア)―レヒア・グダニスク(ポーランド)―ジュビロ磐田。Jリーグ初出場は2000年(平成12)3月18日、セレッソ大阪戦。国際Aマッチ初出場は2003年6月22日、コロンビア戦。U23(23歳以下)日本代表として2004年オリンピックアテネ大会に出場。2010年ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手。[中倉一志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松井大輔の関連キーワード栃木サッカークラブサッカーaiプロサッカークラブをつくろう!川淵三郎鈴木啓太都築竜太前田遼一山口智鈴木大輔村松大輔

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松井大輔の関連情報