松井大輔(読み)まつい だいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松井大輔 まつい-だいすけ

1981- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和56年5月11日生まれ。ポジションMF。平成12年京都パープルサンガに入団,同年Jリーグ優秀新人賞。15年FIFAコンフェデレーションズカップのコロンビア戦で国際Aマッチ初出場。16年フランスのル・マンUCに移籍し,同チームの1部昇格に貢献。のちASサンテティエンヌ,グルノーブルフット38に移籍。ドリブルとパステクニックに優れる。22年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表にえらばれ,右サイドハーフとして全4試合にスタメン出場し,決勝トーナメント進出に貢献した。同年ロシアのトム・トムスクに3ヵ月間の期限付き移籍。23年グルノーブルフット38にもどったが,チームの4部降格でディジョンFCOに移籍。25年ジュビロ磐田に移籍。京都府出身。鹿児島実業高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松井大輔
まついだいすけ
(1981― )

プロサッカー選手。ミッドフィルダー(MF)。5月11日、京都府生まれ。鹿児島実業高―京都パープルサンガ(現、京都サンガFC)―ルマン(フランス)―サンテティエンヌ(フランス)―グルノーブル(フランス)―トム・トムスク(ロシア)―グルノーブル―ディジョン(フランス)―スラビア・ソフィア(ブルガリア)―レヒア・グダニスク(ポーランド)―ジュビロ磐田。Jリーグ初出場は2000年(平成12)3月18日、セレッソ大阪戦。国際Aマッチ初出場は2003年6月22日、コロンビア戦。U23(23歳以下)日本代表として2004年オリンピック・アテネ大会に出場。2010年ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手。[中倉一志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松井大輔の関連情報