コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松井氏 まついうじ

1件 の用語解説(松井氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まついうじ【松井氏】

徳川氏譜代大名家の一つ。三河の土豪松井忠直は松平清康,広忠に仕え,子康親は徳川家康の命により東条松平義春の家老となり,1564年(永禄7)戦功により東条城を賜り松平の称号を許された。徳川氏の遠江・駿河統一に軍功があり,遠江牧野(諏訪原),駿河三枚橋(さんまいばし)城主となる。次の康重は武蔵騎西,常陸笠間,丹波篠山,和泉岸和田城主,康映(やすてる)は播磨山崎,石見浜田(浜田藩),3代を経て康福(やすよし)は下総古河,三河岡崎と再度浜田,2代を経て康爵(やすたか)は陸奥棚倉に移り,2代を経て康英は武蔵川越に転じ,康載(やすとし)のとき廃藩となる(川越藩)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松井氏の関連情報