コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松倉勝家 まつくら かついえ

3件 の用語解説(松倉勝家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松倉勝家 まつくら-かついえ

1597-1638 江戸時代前期の大名。
慶長2年生まれ。松倉重政(しげまさ)の子。寛永8年肥前島原藩(長崎県)藩主松倉家2代となる。父の代からのキリシタン弾圧や過酷な徴税によって,14年島原の乱がおきた。乱後,所領を没収され,寛永15年7月19日斬罪(ざんざい)となった。42歳。名は重次。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松倉勝家

没年:寛永15.7.19(1638.8.28)
生年:慶長2(1597)
江戸初期の大名。肥前国島原藩(長崎県島原市)藩主。長門守。従五位下。松倉重政の嫡子。寛永8(1631)年遺領を継ぐ。父の政策を引き継ぎ,キリシタン弾圧,公儀普請役の負担による過重な年貢賦課など,苛政をしいた。同14年領内で島原の乱が勃発,在江戸であった勝家は急ぎ帰国して鎮圧に当たった。原城陥落後に所領を没収され,森長継に預けられたのち,島原での悪政が露見して斬首となった。勝家の処刑は,民衆の抵抗の結果,悪しき為政者が処罰された例としての意義があろう。<参考文献>煎本増夫『島原の乱』

(福田千鶴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松倉勝家
まつくらかついえ
(1597―1638)

江戸初期の大名。肥前(長崎県)島原4万石の藩主、長門守(ながとのかみ)。重政(しげまさ)の養子。1631年(寛永8)家を継ぐ。同年領内私検地を完了し、表高の2.34倍に上る内検高を得た。その前の有馬氏時代、1607年(慶長12)の慶長(けいちょう)内検高は表高の7割増と推定されるから、勝家の農民に対する強い収奪姿勢がうかがわれる。35年から続いた凶作のなかで37年10月下旬島原の乱が勃発(ぼっぱつ)した。一揆(いっき)は翌年2月上使松平信綱以下諸大名軍によって鎮圧されたが、勝家はその責任者として4月12日所領を没収され、加えて悪政を問われて7月19日死刑、同家は絶えた。[中村 質]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松倉勝家の言及

【島原の乱】より

…10月25日島原半島南部に端を発した一揆は,翌26日島原城を猛攻して落城の危機に追い込んだ。藩では急を参府中の藩主松倉勝家に報ずるとともに,近隣諸藩に救援を求めた。しかし諸藩は幕府の指示を待って動かず,一揆は4万石の藩全域に及んだ。…

【松倉重政】より

…戦国・江戸初期の武将。通称九十郎,豊後守。はじめ筒井定次,のち豊臣秀吉,さらに徳川家康に仕え,関ヶ原の戦の功により大和国五条で1万石。大坂の陣の功により1616年(元和2)肥前日野江4万石に移封。旧主有馬氏の日野江,原の両城を廃して島原城を新築した。総検地,1630年(寛永7)ルソン攻略の偵察船派遣,厳しいキリシタン検索などが,子勝家襲封直後の島原の乱のおもな一因をなした。【中村 質】…

※「松倉勝家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松倉勝家の関連キーワード板倉勝彪島原の乱松倉重政島原城南島原井上正盧末吉捨介戸田忠寛戸田忠盈松平忠精

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松倉勝家の関連情報