コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松喰鶴文 まつくいづるもん

1件 の用語解説(松喰鶴文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松喰鶴文
まつくいづるもん

松の折枝を鶴がくわえた文様。奈良時代花喰鳥文の様式が変化して,平安時代後期の器物に和様化文様として現れた。和鏡に鋳出文様として,また漆工品に蒔絵で描かれた。前者の和鏡の現存最古例は兵庫県石峰寺経塚出土のもので,永久5 (1117) 年頃の作と推測され,蒔絵の遺品は厳島神社の『古神宝小唐櫃』 (国宝) で,寿永2 (83) 年の銘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松喰鶴文の関連キーワード度羅楽亀の年を鶴が羨む鋸歯文銜え銜えギセル銜えタバコ銜え楊枝花喰鳥指をくわえる蓄え

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone