松喰鶴文(読み)まつくいづるもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松喰鶴文
まつくいづるもん

松の折枝を鶴がくわえた文様。奈良時代花喰鳥文の様式が変化して,平安時代後期の器物に和様化文様として現れた。和鏡に鋳出文様として,また漆工品に蒔絵で描かれた。前者の和鏡の現存最古例は兵庫県石峰寺経塚出土のもので,永久5 (1117) 年頃の作と推測され,蒔絵の遺品は厳島神社の『古神宝小唐櫃』 (国宝) で,寿永2 (83) 年の銘がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android