コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松坂万右衛門 まつざか まんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松坂万右衛門 まつざか-まんえもん

1843-1927 明治-大正時代の公共事業家。
天保(てんぽう)14年生まれ。生地相模(さがみ)芦ノ湯村(神奈川県箱根町)の旅館松坂屋の養子となり,7代目をつぐ。明治31年宮ノ下から芦ノ湯を経由して芦ノ湖にいたる箱根の道路開削を計画,私財を投じ,松岡広吉らの協力をえて37年完成させた。昭和2年4月17日死去。85歳。相模出身。本姓川辺

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松坂万右衛門の関連キーワード大正時代天保

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android