松尾駿淵(読み)まつお しゅんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松尾駿淵 まつお-しゅんえん

1760-1815 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦10年生まれ。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)藩(青森県)藩士暦学,漢学,詩文,兵学に通じた。文化12年8月25日死去。56歳。陸奥三戸郡(青森県)出身。名は常従。字(あざな)は仲竜。通称は紋左衛門。別号に漣月。著作に「駿淵詩稿」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android