コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松屋久重 まつや ひさしげ

1件 の用語解説(松屋久重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松屋久重 まつや-ひさしげ

1567-1652 織豊-江戸時代前期の商人,茶人。
永禄(えいろく)10年生まれ。大和奈良の塗師(ぬし)松屋の5代。分家の松屋久好(ひさよし)が死去したあと,漆屋源三郎を名のる。久政,久好,久重3代の茶会記「松屋会記」を集成。ほかに「松屋名物集」「松屋筆記」を編集。また松屋三名物の松本肩衝(かたつき),徐煕の白鷺図,存星長盆をつたえた。慶安5年8月24日死去。86歳。姓は土門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松屋久重の言及

【今日庵】より

…1646年(正保3)に隠居を表明した宗旦は,屋敷の北方に隠居屋敷を構え,そのなかに2畳の茶室を造立した。1649年(慶安2)4月,宗旦の茶に呼ばれた松屋久重が〈隠居ノ二畳敷,但,一畳半敷テ,残リハ板也,中柱有之,但ヌキハ無之候〉と書き留めていた茶室に当たる。すなわち,一畳台目に向板(むこういた)を入れ,向板の前角に中柱を立てて袖壁をつけ向板を囲ったこの茶室の特色がよくわかる。…

※「松屋久重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松屋久重の関連キーワード一峰麟曹織田信益包守順専正玄正山雪林出目満庸等木古田斎宮(初代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone