コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶会記 チャカイキ

2件 の用語解説(茶会記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃかい‐き〔チヤクワイ‐〕【茶会記】

茶会の日時・場所・道具立て・懐石膳の献立、参加者の名前などを記したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の茶会記の言及

【茶事】より

…ただ,この区別を強調する必要のなかった,千利休を中心とする時代には,茶事という表現はなく,すべて茶会と呼ばれ,その茶会の記録,すなわち会記には,懐石の献立が含まれている。利休時代の茶会記をみると,その構成は今日の茶事と基本的に一致しているが,今日ではその様式が整備されて画一化しているのに対し,きわめて自由な対応を示している。それは茶の湯が日常生活それ自体に深く根ざしているところから,今日のような順序次第・約束事にとらわれない,臨機応変の処置がつねに要求されていたのである。…

※「茶会記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶会記の関連情報