茶会記(読み)チャカイキ

  • ちゃかいき チャクヮイ‥
  • ちゃかいき〔チヤクワイ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 茶の湯の会での道具立てや料理など茶事の過程を記録した書。松屋久政が天文二年(一五三三)以後の茶会を記録した「松屋会記(松屋筆記)」を嚆矢とし、「天王寺屋会記」「利久百会記」など江戸期以前のものから、高橋箒庵の「昭和茶会記」等現代のものまで多数残されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の茶会記の言及

【茶事】より

…ただ,この区別を強調する必要のなかった,千利休を中心とする時代には,茶事という表現はなく,すべて茶会と呼ばれ,その茶会の記録,すなわち会記には,懐石の献立が含まれている。利休時代の茶会記をみると,その構成は今日の茶事と基本的に一致しているが,今日ではその様式が整備されて画一化しているのに対し,きわめて自由な対応を示している。それは茶の湯が日常生活それ自体に深く根ざしているところから,今日のような順序次第・約束事にとらわれない,臨機応変の処置がつねに要求されていたのである。…

※「茶会記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android