コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐煕 じょきXu Xi

3件 の用語解説(徐煕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徐煕
じょき
Xu Xi

中国,五代,南唐の画家。江寧 (江蘇省南京) の名族の出身という。蜀の黄筌 (こうせん) とともに花鳥画の二大流派の徐氏体 (→黄・徐二体 ) を創始。黄筌が華麗で写実的表現を特色としたのに対し,彼の画風は水墨を主体として淡彩を加え,粗放な筆致のうちに写意的表現を特色とした。この画法はのちの水墨花鳥画に多大な影響を及ぼした。孫 (一説に子) の徐崇嗣,徐崇矩もともに花鳥画を得意とし,崇嗣は墨線を用いない没骨 (もっこつ) 画を創始した人物とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

徐煕【じょき】

中国,10世紀半ばの五代南唐の画家。生没年不詳。金陵(南京)の名門に生まれる。のち花鳥画が宋の太宗に認められ,その画風は徐氏体と呼ばれ,黄筌(こうせん)の黄氏体と並んで宋初の花鳥画壇を二分した。
→関連項目徐崇嗣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徐煕
じょき

生没年不詳。中国、五代の南唐(なんとう)(937~975)を代表する画家。新しい花鳥画法を大成し、いわゆる徐氏体の祖とされる。江南の鐘陵(江西省南昌(なんしょう))の人で、南唐に仕えた江南の名門の出身。花鳥画に卓越し、花鳥を野趣に富んだ江辺の自然景観のなかにとらえて描くのを特色としたらしい。また魚藻や猫、蝉(せみ)、蝶(ちょう)などの禽虫(きんちゅう)にも優れ、それまで絵に描かれていなかった蔬菜(そさい)なども画題にしたという。徐煕の創始といわれる徐氏体は、黄筌(こうせん)を祖とする黄氏体の鮮明な濃色・鉤勒線(こうろくせん)をみせる写実的装飾的な画風に対し、線描より色や墨の濃淡や広がりを主調とし、感覚的に表現する画法と解され、後世の文人画家の受け入れるところとなった。なお彼の孫(一説には子)の徐崇嗣(じょすうし)(北宋(ほくそう)宮廷画家)も花鳥画家として知られる。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone