コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松屋 まつや

3件 の用語解説(松屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松屋
まつや

百貨店。明治2 (1869) 年横浜で鶴屋呉服店として創業,1889年神田の松屋呉服店を買収して東京に進出。 1919年株式会社に改組し松屋鶴屋呉服店設立。 24年松屋呉服店と改称,25年銀座本店を開業以来京浜間に5店舗を擁した。 44年寿百貨店を合併,48年現社名に変更。 52年銀座本店の駐留軍の接収解除により 53年新装開店,以後店舗の増改築,仕入・販売体制の強化に努力している。店舗は銀座本店と浅草支店の2店。売上構成比は,衣料 40%,食料品 25%,雑貨 13%,家庭用品6%,身回品9%,その他7%。年間売上高 1029億 1200万円 (連結) ,資本金 71億 3200万円,従業員数 1052名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

松屋

正式社名「株式会社松屋」。英文社名「MATSUYA CO., LTD.」。小売業。明治2年(1869)前身の「鶴屋呉服店」創業。大正8年(1919)「株式会社松屋鶴屋呉服店」設立。同13年(1924)「株式会社松屋呉服店」に改称。昭和23年(1948)現在の社名に変更。本社は東京都中央区銀座。百貨店。東京・銀座と浅草の2店舗体制。子会社で飲食業・ビル管理業などを展開。東京証券取引所第1部上場。証券コード8237。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

松屋の関連キーワード藩学一覧女性参政権実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人デ・ロング松平容大実業之日本地方巡察使

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松屋の関連情報