コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松屋菊三郎 まつや きくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松屋菊三郎 まつや-きくさぶろう

1819-1889 江戸後期-明治時代の陶工。
文政2年4月生まれ。加賀金沢藩医山越佑庵の次男。松屋8代をつぐ。粟生屋(あおや)源右衛門に陶法,桶屋伊三郎陶画を,のち京都の尾形周平,山本修英にまなんだ。弘化(こうか)3年小松で製陶をはじめる。古九谷の再興をこころざし,文久年間,蓮代寺窯で青九谷を成功させた。明治22年7月死去。71歳。通称は佐兵衛。号は曜栄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松屋菊三郎の関連キーワード明治時代松本佐平陶工

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android