コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶屋伊三郎 おけや いさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桶屋伊三郎 おけや-いさぶろう

1804-1868 江戸時代後期の陶画工。
文化元年生まれ。文政年間(1818-30)に加賀(石川県)若杉焼の三田勇次郎赤絵と彩色法をまなぶ。京都,肥前伊万里などにでむき,彩色・着画,焼窯法などを習得した。天保(てんぽう)6年から故郷の加賀能美郡佐野村で陶画をおしえた。竹林の七賢の絵柄は,九谷焼の代表的な図柄となっている。明治元年死去。65歳。号は道開。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android