コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶屋伊三郎 おけや いさぶろう

1件 の用語解説(桶屋伊三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桶屋伊三郎 おけや-いさぶろう

1804-1868 江戸時代後期の陶画工。
文化元年生まれ。文政年間(1818-30)に加賀(石川県)若杉焼の三田勇次郎に赤絵と彩色法をまなぶ。京都,肥前伊万里などにでむき,彩色・着画,焼窯法などを習得した。天保(てんぽう)6年から故郷の加賀能美郡佐野村で陶画をおしえた。竹林の七賢の絵柄は,九谷焼の代表的な図柄となっている。明治元年死去。65歳。号は道開。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桶屋伊三郎の関連キーワード兼松所助亀井半二幸斎小寺藤兵衛菅小琴鍋屋吉兵衛肥後新造三田勇次郎村井勘介鳴鳳

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone