コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山忠二郎 まつやま ちゅうじろう

1件 の用語解説(松山忠二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山忠二郎 まつやま-ちゅうじろう

1870*-1942 明治-昭和時代前期の新聞記者・経営者。
明治2年12月12日生まれ。27年東京経済雑誌社入社,30年大阪朝日新聞社にうつる。大正7年の白虹事件のあと東京朝日新聞編集局長をやめ,退社。9年読売新聞社長となったが,経営不振のため辞任した。昭和6年満州日報社長。昭和17年8月16日死去。74歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。東京専門学校(現早大)卒。号は哲堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松山忠二郎の関連キーワード製糸業日本科学史白石喜之助アフリカ文学軍艦小事典奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone