コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山棟庵 まつやま とうあん

2件 の用語解説(松山棟庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山棟庵 まつやま-とうあん

1839-1919 幕末-大正時代の医師。
天保(てんぽう)10年9月17日生まれ。英学を福沢諭吉にまなぶ。大学東校助教授をへて,明治6年慶応義塾医学所校長となる。14年高木兼寛(かねひろ)らと成医会をつくって有志共立東京病院(のちの東京慈恵会医院)を設立した。大正8年12月12日死去。81歳。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)出身。通称は健蔵,勤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松山棟庵

没年:大正8.12.1(1919)
生年:天保10.9.17(1839.10.23)
幕末明治期の洋方医,教育家,翻訳家。名は勤,明治以後は号の棟庵を名とした。紀伊国(和歌山県)那賀郡神田村の医師庄太郎の4男で,慶応2(1866)年慶応義塾で英学を修め,明治4(1871)年大学東校(東大医学部)助教,6~13年慶応義塾医学所校長,8年三田に医局を開く。19年東京医学会を興し,共立(のち慈恵)医院を創立。24年慈恵医院学校(東京慈恵医大)を設立。別に自宅で松山病院を開業した。訳書に『窒扶斯新論』『黴毒小箒』『初学人身窮理』『地学初歩』『傑氏万邦史略』などがある。<参考文献>鈴木要吾『松山棟庵先生伝』

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松山棟庵の関連キーワード新宮涼庭教育家メースン市川兼恭入沢恭平尾台榕堂桜井鴎村千葉掬香広田憲寛船曳卓堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone