松岡大蟻(読み)まつおか たいぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡大蟻 まつおか-たいぎ

?-1800 江戸時代中期-後期の武士,俳人。
播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。江戸にすみ,算学・暦学にすぐれ,暦作御用などをつとめた。俳諧(はいかい)を松岡大魚にまなぶ。天明3年「翁反故(おきなほご)」を刊行したが,同書にあつめられた松尾芭蕉(ばしょう)の書簡は偽書簡とされる。叔父松岡青蘿(せいら)。寛政12年1月27日死去。本姓は大原。名は柏。字(あざな)は儀之進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android