松平勝隆(読み)まつだいら かつたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平勝隆 まつだいら-かつたか

1589-1666 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)17年生まれ。松平重勝(しげかつ)の5男。徳川家康,秀忠につかえ,寛永10年1万500石をあたえられ,大番頭(おおばんがしら),奏者番をつとめる。12年寺社奉行。16年上総(かずさ)(千葉県)佐貫(さぬき)藩主松平(能見(のみ))家初代となる。1万5000石。寛文6年2月3日死去。78歳。通称は忠左衛門。号は覚雲。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android