コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平大弐 まつだいら だいに

1件 の用語解説(松平大弐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平大弐 まつだいら-だいに

1823-1864 幕末の武士。
文政6年生まれ。加賀金沢藩の尊攘(そんじょう)派の家老。世子前田慶寧(よしやす)にしたがい京都にゆき,長門(ながと)萩(はぎ)藩のため朝廷と幕府との斡旋につとめた。禁門の変の際,慶寧が御所警護の任を放棄して退京したことに対し,重臣としての責任をとわれ,元治(げんじ)元年8月11日自刃(じじん)した。42歳。名は康正。通称は別に鉄吉郎,玄蕃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平大弐の関連キーワード江坂与兵衛奥村六石杉浦羔二郎堤克寛丹羽一学不破富太郎堀庄次郎増子金八目時隆之進依田伴蔵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone