松平大弐(読み)まつだいら だいに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平大弐 まつだいら-だいに

1823-1864 幕末の武士。
文政6年生まれ。加賀金沢尊攘(そんじょう)派の家老。世子前田慶寧(よしやす)にしたがい京都にゆき,長門(ながと)(はぎ)藩のため朝廷幕府との斡旋につとめた。禁門の変の際,慶寧が御所警護のを放棄して退京したことに対し,重臣としての責任をとわれ,元治(げんじ)元年8月11日自刃(じじん)した。42歳。名は康正。通称は別に鉄吉郎,玄蕃

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android