コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定教 まつだいら さだのり

1件 の用語解説(松平定教の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定教 まつだいら-さだのり

1857-1899 明治時代の藩知事,華族。
安政4年4月23日生まれ。松平猷(みち)の長男。戊辰(ぼしん)戦争で義兄の伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定敬(さだあき)が抗戦するなか,家老たちとともに新政府軍にくだり桑名城をあけわたす。2年定敬が降伏し,家の再興がゆるされ,定教が藩知事となった。アメリカ留学後,外務省につとめる。子爵,貴族院議員。明治32年5月21日死去。43歳。通称は万之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松平定教の関連キーワード前田利昭藩知事伊東祐帰織田寿重丸伊達宗敦田沼意斉戸田忠綱中川久成松平勝慈松平義生

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone