コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平定教 まつだいら さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平定教 まつだいら-さだのり

1857-1899 明治時代の藩知事,華族。
安政4年4月23日生まれ。松平猷(みち)の長男。戊辰(ぼしん)戦争で義兄の伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平定敬(さだあき)が抗戦するなか,家老たちとともに新政府軍にくだり桑名城をあけわたす。2年定敬が降伏し,家の再興がゆるされ,定教が藩知事となった。アメリカ留学後,外務省につとめる。子爵,貴族院議員。明治32年5月21日死去。43歳。通称は万之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平定教の関連キーワードインドの大反乱ケクレ[各個指定]芸能部門ブント(Wilhelm Wundt)ノバルティスリジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ歌沢大和大掾