コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平宣維 まつだいら のぶすみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平宣維 まつだいら-のぶすみ

1698-1731 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)11年5月18日生まれ。松平吉透(よしとお)の次男。宝永2年8歳で出雲(いずも)松江藩主松平(越前(えちぜん))家5代となる。享保(きょうほう)2年からしばしば出没した異国船を幕府の命で砲撃してしりぞけている。享保16年8月27日死去。34歳。初名は直郷,のち宣澄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平宣維 (まつだいらのぶずみ)

生年月日:1698年5月18日
江戸時代中期の大名
1731年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松平宣維の関連キーワード松平宗衍生年月日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平宣維の関連情報