松平忠尭(読み)まつだいら ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠尭 まつだいら-ただたか

1801-1864 江戸時代後期の大名。
享和元年6月9日生まれ。松平忠翼(ただすけ)の長男。文政4年伊勢(いせ)(三重県)桑名藩主松平(奥平)家7代。6年武蔵(むさし)(おし)(埼玉県)に転封(てんぽう)となる。このとき講金の返済をもとめて農民一揆(いっき)がおきた。天保(てんぽう)7年藩校進修館を再設。元治(げんじ)元年8月14日死去。64歳。号は適翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android