コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠礼 まつだいら ただなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠礼 まつだいら-ただなり

1850-1895 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)3年6月14日生まれ。松平忠固(ただかた)の長男。安政6年信濃(しなの)(長野県)上田藩主松平(藤井)家7代となる。戊辰(ぼしん)戦争では越後(えちご),会津に出兵。明治5年弟忠厚とともにアメリカに留学,のち外務省に勤務。17年子爵。明治28年3月19日死去。46歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠礼の関連キーワード明治時代華族

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android