コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平朝矩 まつだいら とものり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平朝矩 まつだいら-とものり

1738-1768 江戸時代中期の大名。
元文3年3月14日生まれ。松平明矩(あきのり)の長男。寛延元年11歳で播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主となったが,年少のため翌年上野(こうずけ)前橋にうつされた。明和4年武蔵(むさし)川越(埼玉県)に城をうつし,川越藩主松平(越前(えちぜん))家初代。15万石。明和5年6月10日死去。31歳。初名は直賢。通称は喜八郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平朝矩の関連キーワード松前広長清水六兵衛斑糲岩静岡市中心商店街の総通行量井上通加舎白雄章学誠ジョージ銅座