コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平明矩 まつだいら あきのり

美術人名辞典の解説

松平明矩

江戸中期の姫路城主。幼名は金之助、字は子成、初め義知と称した。号は播山・蘭谷。伯父の白河城主松平大和守基知の養嗣子となり、松平宗家を継いだ。寛延元年(1748)歿、36才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平明矩 まつだいら-あきのり

1713-1749* 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)3年8月1日生まれ。松平知清(ちかきよ)の長男。享保(きょうほう)6年陸奥(むつ)白河新田藩(福島県)藩主。宗家の松平基知(もとちか)の養子となり,14年白河藩主松平(越前(えちぜん))家3代。寛保(かんぽう)元年播磨(はりま)(兵庫県)姫路に移封(いほう)となる。寛延元年11月17日死去。36歳。初名は義知(よしちか)。号に蘭谷など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平明矩の関連キーワード姫路藩寛延一揆松平朝矩滑甚兵衛松平義知