コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平明矩 まつだいら あきのり

美術人名辞典の解説

松平明矩

江戸中期の姫路城主。幼名は金之助、字は子成、初め義知と称した。号は播山・蘭谷。伯父の白河城主松平大和守基知の養嗣子となり、松平宗家を継いだ。寛延元年(1748)歿、36才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平明矩 まつだいら-あきのり

1713-1749* 江戸時代中期の大名。
正徳(しょうとく)3年8月1日生まれ。松平知清(ちかきよ)の長男。享保(きょうほう)6年陸奥(むつ)白河新田藩(福島県)藩主。宗家の松平基知(もとちか)の養子となり,14年白河藩主松平(越前(えちぜん))家3代。寛保(かんぽう)元年播磨(はりま)(兵庫県)姫路に移封(いほう)となる。寛延元年11月17日死去。36歳。初名は義知(よしちか)。号に蘭谷など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平明矩の関連キーワード姫路藩寛延一揆松平朝矩滑甚兵衛松平義知

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android