前橋(読み)マエバシ

  • まえばし まへばし
  • まえばし〔まへばし〕

精選版 日本国語大辞典の解説

群馬県南部の地名。県庁所在地。古くは東山道の宿駅で厩橋(うまやばし)と呼ばれた。利根川両岸に発達。江戸時代に酒井氏一二万三〇〇〇石の城下町となり、現名に改称。のち松平氏一五万石の支配下に置かれ、繭・生糸の集散地、市場町として繁栄した。現在、食品・木工・電気機器・輸送機器などの工業が行なわれる。明治二五年(一八九二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前橋の関連情報