松平玄鉄(読み)まつだいら げんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平玄鉄 まつだいら-げんてつ

?-? 戦国-織豊時代の武将。
松平重親(しげちか)の長男松平重吉(しげよし)の兄。能見(のみ)松平氏一族徳川家康。元亀(げんき)2年(1571)武田信玄進攻に呼応して蜂起した遠江(とおとうみ)一揆(いっき)を青山忠門(ただかど)らとともにうちやぶった。初名は重玄(しげはる)。通称は右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android