コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平直丘 まつだいら なおたか

1件 の用語解説(松平直丘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平直丘 まつだいら-なおたか

1665-1713* 江戸時代前期-中期の大名。
寛文5年6月26日生まれ。出雲(いずも)松江藩主松平直政(なおまさ)の4男。出雲母里(もり)藩主の兄隆政(たかまさ)が嗣子なく没したため領地をかえしたが,松江藩主の長兄綱隆(つなたか)よりあらためて1万石を分知され,寛文13年母里藩主松平(越前(えちぜん))家2代となった。元禄(げんろく)7年奏者番となる。正徳(しょうとく)2年12月27日死去。48歳。初名は直能,のち直高。通称は頼母。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平直丘の関連キーワード光の科学史三宅石庵狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵The Reviewアン女王戦争岩室[温泉]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone