松平親懐(読み)まつだいら ちかひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平親懐 まつだいら-ちかひろ

1838-1914 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)9年4月27日生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)家老。慶応元年藩兵の江戸市中警護を指揮。藩内改革派を弾圧して,戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍とたたかった。のち大泉藩大参事,酒田県参事。松ケ岡開墾などの事業をすすめた。大正3年9月30日死去。77歳。字(あざな)は子哲。通称は権十郎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android