コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平近禎 まつだいら ちかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平近禎 まつだいら-ちかよし

1665-1725 江戸時代中期の大名。
寛文5年7月24日生まれ。松平近陣(ちかのぶ)の次男。宝永2年豊後(ぶんご)(大分県)府内藩主松平(大給(おぎゅう))家3代となる。奏者番,寺社奉行をつとめた。享保(きょうほう)10年8月24日死去。61歳。初名は昭貞(あきさだ),のち昭因(あきより),近治(ちかはる)。通称は巳之助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平近禎 (まつだいらちかよし)

生年月日:1665年7月24日
江戸時代中期の大名
1725年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

松平近禎の関連キーワード松平近貞(1)生年月日

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android