コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平頼啓 まつだいら よりゆき

美術人名辞典の解説

松平頼啓

伊予松平家八代当主。頼謙の三男。従四位下、侍従となり、左近衛権少将に任じられる。書画に堪能で、また学問を好み藩校を創立した。嘉永元年(1848)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼啓 まつだいら-よりゆき

1785*-1848 江戸時代後期の大名。
天明4年12月23日生まれ。松平頼謙(よりかた)の3男。兄頼看(よりみ)の養子となり,寛政9年伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平(紀伊(きい))家8代。文化2年藩校択善堂を創設。嘉永(かえい)元年7月9日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平頼啓の関連キーワード松平頼学小林西台

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android