松平頼暁(読み)まつだいら よりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼暁 まつだいら-よりあき

1931- 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和6年3月27日生まれ。松平頼則(よりつね)の子。生物学をまなび,立大理学部教授となる。ピアノと作曲を独学,昭和31年江崎健次郎,下山一二三らとグループ20・5を結成,前衛作曲家として活躍。55年「マリンバオーケストラのための「オシレーション」」で尾高賞。東京出身。都立大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松平頼暁の言及

【コラージュ】より

…事実,こうした呼び方もされることがある。たとえば落語やポピュラー音楽などの素材を重ねている一柳慧の電子音楽《Tokyo1969》はアッサンブラージュの音楽,《乙女の祈り》を引用し,それを断ち切る現代的なスタイルの音楽との交互の展開がみられる松平頼暁のコンボのための《オルタネーション》(1967)は,コラージュ音楽と呼ぶべきかもしれない。【秋山 邦晴】。…

※「松平頼暁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松平頼暁の関連情報