松広寺(読み)しょうこうじ(英語表記)Songgwang-sa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松広寺
しょうこうじ
Songgwang-sa

韓国,全羅南道昇州郡松光面にある曹渓宗の寺院。新羅末期の創建とも伝えるが,前身は高麗明宗 27 (1197) 年に普照国師が中心となって結成した修禅社で,高麗時代からすでに 80棟余の堂宇を有した。豊臣秀吉朝鮮出兵や朝鮮動乱などで多くの建物を焼失したが再建され,現在も 50棟余の堂宇がある。3祖師画像を安置する国師殿は,高麗恭愍王 18 (1369) 年の創建で,2度重修されているが,柱心包様式の単層建築として李朝初期のもの。また同寺伝来の木彫三尊仏龕や金銅製揺鈴などの美術品や,『義天目録』などの蔵経も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこうじ【松広寺】

韓国,全羅南道昇州郡松光面にあり,新羅末期慧隣国師の創建と伝える。初め吉祥寺と称し,高麗明宗のとき普照国師知訥(ちとつ)の寺域拡張によって栄え,山号を曹渓山修禅社と改め,さらに熙宗4年(1208)王命により松広寺と改称,朝鮮禅の根本道場として知られた。仏の通度寺,法の海印寺,僧の松広寺と称され,天下三宝にあげられるほど僧侶・堂舎数の多い寺院である。堂舎の多くは朝鮮戦争時の火災焼失後の再建であるが,国師殿,下舎堂,応真殿は李朝初期の建物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android