コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松木竿秋 まつき かんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松木竿秋 まつき-かんしゅう

1695-1772 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)8年生まれ。江戸の商人。京都にうつる。松木淡々に俳諧(はいかい)をまなび,点印をゆずられて跡をつぎ,松木姓を名のった。明和9年9月10日死去。78歳。本姓は橋本。通称は奈良屋市郎兵衛。別号に香稲庵(こうとうあん)。編著に「衣更着田(きさらぎだ)」「春庭楽」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松木竿秋の関連キーワード香稲庵竿秋田川移竹竿秋

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android