コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本市立考古博物館 まつもとしりつこうこはくぶつかん

1件 の用語解説(松本市立考古博物館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

まつもとしりつこうこはくぶつかん 【松本市立考古博物館】

長野県松本市にある歴史博物館。昭和61年(1986)創立。平成15年(2003)リニューアル松本市立博物館分館。地域の考古資料を収集・保存し展示する。エリ穴遺跡(縄文後期)出土の土製耳飾りや人面付土版など市内の遺跡・古墳から出土した資料を収蔵・紹介。前身は昭和6年(1931)開設の「中山考古館」。
URL:http://www.matsu-haku.com/maruhaku/guide/kouko/
住所:〒390-0823 長野県松本市中山3738-1
電話:0263-86-4710

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本市立考古博物館の関連キーワード長野県松本市県長野県松本市旭長野県松本市蟻ケ崎長野県松本市今井長野県松本市島立長野県松本市中央長野県松本市中山長野県松本市波田長野県松本市丸の内長野県松本市和田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone