松本泰(読み)まつもと たい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本泰 まつもと-たい

1887-1939 大正-昭和時代前期の小説家,翻訳家。
明治20年2月22日生まれ。「三田文学」などに作品を発表。イギリス留学中,松本(伊藤)恵子と結婚。探偵小説をかき,「秘密探偵雑誌」を創刊する。昭和14年4月19日死去。53歳。東京出身。慶応義塾卒。本名は泰三。作品に「或る年の記念」,訳書にユゴーノートルダムの傴僂男」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松本泰の関連情報