コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本芳延 まつもと よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本芳延 まつもと-よしのぶ

1838-1890 幕末-明治時代の画家,狂歌師。
天保(てんぽう)9年11月生まれ。幕臣。武士の世界をきらい,歌川国芳(くによし)の浮世絵を,2代絵馬屋の門で狂歌をまなんだ。狸(たぬき)をこのんでえがき,東京浅草で狸汁の店をひらいた。明治23年8月14日死去。53歳。通称は弥三郎。画号は一桂斎。狂号は遊狸庵つゞみ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本芳延の関連キーワード明治時代狂歌師天保

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android