松本覚兵衛(読み)まつもと かくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本覚兵衛 まつもと-かくべえ

1826-1897 江戸後期-明治時代の治水家。
文政9年生まれ。日向(ひゅうが)新田(にゅうた)村(宮崎県新富町)の庄屋漢学,数学をまなび,測量術もおさめる。明治12年栗唐瀬堰(ぜき)から取水する用水路を開削して,約60haの水田をひらいた。明治30年7月16日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android