松村 彦次郎(読み)マツムラ ヒコジロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

松村 彦次郎
マツムラ ヒコジロウ


職業
俳優

生年月日
昭和2年 6月30日

出生地
東京都

学歴
千葉農専(千葉大学)卒

経歴
農林省の農業試験場に2年間勤務した後、定時制高校の化学教師となる。山本安英の「夕鶴」を見たのがきっかけで、山本主宰の“ぶどうの会”に参加。昭和36年仲間と劇団を結成、以来30年以上狂言の勉強を続ける。57年劇団を解散して一人芝居を始め、宮沢賢治の詩を一人芝居で演じた。東京を中心に活動、専門学校で声優の指導などにも取り組んだ。舞台に「調理場」「越前竹人形」、テレビドラマに「おしん」「白鳥麗子でございます」「約束の夏」「妄想の森」など。

受賞
イーハトーブ賞〔平成8年〕

没年月日
平成18年 7月5日 (2006年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android